認知症

2016/12/28 05:14
  今、癌と並んで恐れられている病気に認知症があります。 特にアルツハイマー型認知症は若くしても発症することで恐れられています。 10年後には70歳以上の5人に1人が、85歳以上では2人に1人が認知症になると言われています。 認知症の中で最も多いのがアルツハイマー型認知症で、脳にアミロイドβというタンパク質が溜まり正常な脳神経が壊れ脳萎縮を起こします。 次いで多いのが脳血管性認知症で、脳血管疾患が原因で起こる認知症です。 その他、レビー小..

続きを読む

もっと見る