肝臓病

2016/12/25 13:23
 肝臓は体内の取り入れた有害なものを解毒したり、栄養素を吸収しやすく分解したり、肝汁(消化液の一種)を分泌して消化を促したり、その役割は多用です。 肝臓は薬やアルコールが溜まりやすいのですが、"沈黙の臓"と呼ばれるように痛みを発しないため肝臓病の症状が出た時には、かなり病気が進行していることが多いので、気を付けましょう。 肝炎の初期症状としては、だるくて疲れやすい、食欲がないなどですが、黄疸が出たらかなり進行していると考えられます。 白目が黄色っぽ..

続きを読む

もっと見る