ノロウイルスの予防と対策

ノロウイルスの予防と対策 ⚪️感染予防のために…1.  生ガキを控える。生ガキのほとんどがノロウイルスに感染されていると言われています。カキを食べる場合、カキフライやカキ鍋など中心部まで加熱しましょう。2. 手洗いを徹底する。3. 除菌を徹底する。 ⚪️感染してしまったら…1. 無理に食事せず、水分補給を優先する。脱水症状が進むと意識障害や血圧低下、痙攣をまねき危険です。水…

続きを読む

うつ病・精神疾患

  現代人に増えてしまっいる病気に、うつ病があります。 軽い不眠から始まり、ひどくなると起き上がることさえできなくなり、日常生活すべてに支障が出ます。   また、統合失調症や双極性障害、解離性同一障害など重い精神疾患を持つ人も増えていますし、パニック症や適応障害など新しい病気もどんどん増えています。   原因は解明されてい…

続きを読む

骨粗鬆症

   骨粗鬆症とは骨の中がスカスカな状態になり骨折しやすくなる病気です。 そして、骨粗鬆症の患者が骨折すると、なかなか治らず、患者がお年寄りの場合、ほとんどの人が、その後、寝たきりになってしまいます。 骨粗鬆症は圧倒的に女性患者が多く、ホルモンのバランスが壊れてくる更年期から患者数が増えてくるので、早い時期からの予防が必要です。   …

続きを読む

認知症

  今、癌と並んで恐れられている病気に認知症があります。 特にアルツハイマー型認知症は若くしても発症することで恐れられています。 10年後には70歳以上の5人に1人が、85歳以上では2人に1人が認知症になると言われています。 認知症の中で最も多いのがアルツハイマー型認知症で、脳にアミロイドβというタンパク質が溜まり正常な脳神経が壊れ脳萎縮を起こします。 次いで…

続きを読む

痛風・腎臓病

   痛風は尿酸の代謝異常によって起こる病気で、時に激しい発作(痛み)を伴います。 原因はプリン体を多く含む食品の過度の摂取、腎臓の機能低下などで、そのまま放置すると腎不全を起こします。 腎臓病の原因は痛風の他に糖尿病がありますが、その元凶がAGEです。 糖尿病などを放っておくと、AGEが腎臓の細い血管を傷つけ、尿の濾過機能が低下して腎不全となり尿毒症…

続きを読む

胃腸

   胃腸はストレスが一番出やすい臓器で、強いストレスを感じると胃潰瘍や十二指腸潰瘍ができます。 最近は食物繊維の不足から大腸癌も増えてきました。 胃の中のピロリ菌が胃癌の原因であると分かってきました。 ノ……の成分アントラキノンとプロメラインは消化器系の活動を刺激して消化酵素の分泌を促します。 イリドイドは潰瘍など傷んだ細胞が正常になるのを助け…

続きを読む

肝臓病

 肝臓は体内の取り入れた有害なものを解毒したり、栄養素を吸収しやすく分解したり、肝汁(消化液の一種)を分泌して消化を促したり、その役割は多用です。 肝臓は薬やアルコールが溜まりやすいのですが、"沈黙の臓"と呼ばれるように痛みを発しないため肝臓病の症状が出た時には、かなり病気が進行していることが多いので、気を付けましょう。 肝炎の初期症状としては、だるくて疲れやすい、食欲…

続きを読む

脳卒中

   脳卒中には脳の血管が詰まって起こる脳梗塞と脳の血管が破れて起こる脳出血があります。 脳卒中は突然起こるとおもいがちですが、進行過程で何らかの症状が出ていることも多いので、そのサインを見逃さないことが大切です。 めまいや吐き気、激しい頭痛などの前にも、うまくしゃべれなくなる、体の片方がしびれる、軽い頭痛が続くなどの症状が出たら医者の診察を受けるべきで…

続きを読む

糖尿病

   糖尿病は40代以上の5人に1人がかかっていると言います。 日本人に一番多くみられる生活習慣病代です。 健康な場合、血液中のブドウ糖はいつも一定の値に調節されていますが、膵臓の働きが悪くなるとそれを調節するホルモン「インスリン」が充分分泌されなくなり、いつも血糖値が高い状態になってしまいます。 この状態を糖尿病といい、自覚症状としては、体がだる…

続きを読む

心臓病

    心臓は全身に血液を送り出すために常に動きつづけている大切な臓器で、高血圧や肥満の状態が続くと常にフルパワーで血液を送り出さなければならず負担がかかります。 さらに心臓を包む血管(冠動脈)が狭くなって血量が低下すると狭心症、冠動脈が詰まり血流が止まると心臓の細胞が壊死して心筋梗塞を起こします。 心臓病を予防するには禁煙、適度な運動、規則正しい生活の他にもバラ…

続きを読む