腸内フローラ

p329.jpg
私たちの腸内には、多種多様な細菌が生息しており、それらはなんと、数百種600兆個以上といわれています。

特に小腸から大腸にかけて、これらの様々な細菌が種類ごとにグループを形成してまとまり、腸の壁面にすんでいます。

顕微鏡で腸の中を覗くと、それらはまるで植物が群生している「お花畑([英] flora)」のようにみえることから、『腸内フローラ』と呼ばれるようになりました。

腸内細菌の種類や数は食事や生活習慣・人種・年齢などにより異なるため、『腸内フローラ』も人それぞれ違います。

「腸内細菌」は、大きく3つに分類されます。
⚪️体に良い働きをする『善玉菌』
代表的なのは、<乳酸菌>と呼ばれるフェーカリス菌やアシドフィルス菌、ビフィズス菌など。
悪玉菌の侵入や増殖を防いだり、腸の運動を促したりすることによって、お腹の調子を整えます。
⚪️体に悪い働きをする『悪玉菌』
ウェルシュ菌や病原性大腸菌、黄色ブドウ球菌などが、腸内で有害物質をつくり出します。
悪玉菌が増えると、便秘や下痢などお腹の調子が悪くなることもあります。
⚪️どちらにも属さない『日和見菌(ひよりみきん)』
腸内の善玉菌・悪玉菌の、<優勢な方>に同調(味方)して作用します。
そして、これらのバランス(『腸内フローラ』の状態)を、「腸内環境」といいます。

『腸内フローラ』の理想的な状態とされるのは、<善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割>。
このバランスに腸内環境を保つことがとても大切です。



■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
     アムラで毎日を健康に【アムラ専門通販サイトAmlaLife】
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

【インドでは「若返りの果実」と呼ばれるアムラ】
日本ではまだあまり馴染みの無いインド原産のスーパーフルーツ「アムラ」。
美と健康に敏感な方はいち早く生活に取り入れています!

私たちは日本でアムラを毎日の生活に取り入れるために、商品を開発し、
AmlaLife(アムラライフ)を立ち上げました。



【インドの伝統医学アーユルヴェーダで重宝されるアムラ】
アムラは、サンスクリット語で看護婦の意味を持ち、インドで4000年以上続く
生命科学アーユルヴェーダでもっとも重宝されている果物です。
インドでは「アーユルベーダの王様」、「若返りの果実」と呼ばれ、アーユル
ヴェーダ関連の健康食品の約1/3にアムラが使われています。
アーユルヴェーダは日本において、ヨガや美容エステの分野が有名ですが、
それらは一部に過ぎません。インドやバングラデシュの一流大学にはアーユル
ヴェーダ学部があるほど、最先端の科学として研究が進められています。近年
はアムラに関する研究論文が何本も発表されています。

【アムラライフの商品は安心安全】
日本で手に入るアムラ商品は現地商品を輸入しているだけのものが多いので、
安全面で不安に感じる方も多いと思います。
アムラライフでは安心して食していただくために、
・現在はすべて植物などの自然由来のものを使用
・産地原材料を明確に記載
・化学物質由来の原材料、添加物不使用
など商品の情報を可能な限り公開致します。

ぜひ安心・安全なアムラライフの商品を一度お試し下さい!




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック