酵素の力

p146.jpg

酵素の力

1. 酵素って何?

酵素は私たちの生命活動に不可欠な物質で、体の中で作り出す体内酵素(潜在酵素)と、酵素と食物によって対外から取り入れることのできる対外酵素(食物酵素)とがあり、潜在酵素は食物を消化するときに使う消化酵素と他の全ての生態活動に使われる代謝酵素に分かれています。
3000種類以上の酵素が確認されていて、それぞれ独自の働きをしています。

酵素は1つの仕事しかできません。
消化酵素の中で有名な唾液の中に含まれるアミラーゼは、デンプンを分解してブドウ糖にする酵素で、胃液の中にあるプロテアーゼはタンパク質を分解します。
代謝酵素はホルモンの調子を整えるもの、デトックスするもの、新陳代謝を高めるもの、血液の浄化など、どれも私たちの健康に大切な働きをします。

体内で酵素を作り出す能力には限りがあって消化酵素ばかりを作っていると代謝酵素が不足してきます。
逆に食物酵素として消化酵素を含む食品を摂ることができれば体内では代謝酵素を十分に作ることができ、体の調子を整えることができます。

2. 酵素はどうやって摂るの?

食物酵素は生の食品や発酵食品にたくさん含まれています。
食事の初めに生野菜やお刺身などを食べると消化の助けになりますし、焼き魚に大根おろしなど、昔からの食べ合わせには、こうした意味があります。

日本には味噌や醤油や漬物、納豆といった発酵食品があります。
またヨーグルトやチーズ、キムチも発酵食品です。
これらをうまく取り入れて消化をスムーズにして、酵素の無駄遣いを防ぎたいものです。
ただし、高熱を加えますと、酵素は無くなってしまいますから、お味噌汁などは火を止めてから味噌を入れるなど工夫が必要です。


美容に関するお悩み、健康に関するお悩みは、専門スタッフにお任せください。
無料にてカウンセリングいたします。
コメント欄にカウンセリング希望と記入願います。

美と健康の為のスーパーフード『ホワイトチアシード』



この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444969653

この記事へのトラックバック