老化のスピードをゆるめましょう!

美容に関するお悩み、健康に関するお悩みは、専門スタッフにお任せください。
無料にてカウンセリングいたします。
コメント欄にカウンセリング希望と記入願います。

p061.jpg

老化のスピードをゆるめましょう!

糖化を防ぐために、ベジファースト、ゆっくり食べる、食後の軽い運動、ストレスをためない、低AGE食。

①まずは野菜から
食事の際は、まず野菜から食べましょう。
血糖値の急激な上昇が抑えられ、インスリンの分泌が穏やかになります。

②食事はゆっくり
ゆっくり食べることで、血糖値の急激な上昇が抑えられます。
急激な血糖値の上昇は糖化の促進につながってしまいます。

③ストレッチなど
食後に軽い運動をすると血糖値が早く低下するため、糖化が起こりにくくなります。

④リラックスが大切
ストレスホルモンは糖化を促進させてしまいます。
ストレスを感じない生活は難しいですが、上手に発散してコントロールすることが大切です。

⑤調理法に気を配りましょう
食べ物からAGEが体に入ってきます。
食事由来AGEは調理法で大きく異なります。
高温で調理するほどAGEの数値が高くなります。
つまり、同じ食材でも生、蒸す、茹でるなどの調理法ではAGEは低く、炒める、焼く、揚げるなどの調理法ではAGEは高くなります。
また、脂身を多く含む部位は食事由来AGEの数値が高くなります。

老化の原因物質と呼ばれるAGE(終末糖化産物は、酸化(糖とタンパク質が結びつく現象)の最終形態です。
いつまでも若々しく元気で過ごすにはAGEを体内に溜めないことが大切ですが、そのためには体内を糖化させないことが重要です。
体内を糖化させないためには、糖を摂り過ぎないようにするのが賢明ですが、糖化には遺伝的な要因も関わっています。
日本人は欧米人に比べて遺伝的に糖化しやすい節約遺伝子を持っていると言われています。
節約遺伝子は飢餓に備えてエネルギーを節約し、脂肪を蓄えるという遺伝子で、食料が十分に確保できなかった時代を生き残るために必要なものでした。
しかし食料が簡単に手に入るようになった現代では、節約遺伝子を持っている人は肥満や糖尿病になりやすく、体が糖化しやすい傾向にあります。

~~これだけで脂肪や糖が抑られる~~

食前にゼリー1本を食べるだけ!
いつもの食事が楽しめます!

【ベジファス】



~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック